2月は遠くなりにけり。

先週から3月。


当然知っていましたよ、ええ、これは今朝の日報ですけれどもそれがなにか??、サトゴロウ(私)です。

2月4日になる予定だった今日の日報です。
平成の次の元号は何になるのでしょうか、
大正生まれの祖母の気持ちがわかりかけてきた
智子45歳、最近、階段を上がると息切れがします💕

2月4日になる予定だった今日の日報です。
平成の次の元号は何になるのでしょうか、
大正生まれの祖母の気持ちがわかりかけてきた45歳、最近、階段を上がると息切れがします。

お久しぶりの更新です、お察しの通り二月は相当色んなところへ行ったり、色んなことがありました。
忘れないうちに走り書きをしておきたいと書き始めた次第です。

まずは先週の名古屋。
娘と二人旅でしたので、省エネ対策でレンタカーを借りて飛ばしていきました。
ルーミー可愛いし、中広くて凄くいいです。


元バス運転士のせいでしょうか。
旅に出るとき、 行きと帰りは別の道で往復したいんです、これをダブル行程といいます。

乗客の皆様がお話に夢中で、例え外の景色なんて一ミリも眺めていないと知っていても、別の景色を感じてほしくて往路と復路でコースを変えて走ります。

行きは富山から岐阜県を経由して名古屋に向かいました。

久しぶりに訪れた飛騨高山は雪も少なめ、外国人観光客の方ばかりになっていました。

さすが世界遺産。

東京からも名古屋からも大阪からも遠いのに、凄い!
きちんと情報や発信をすれば、山間の小さな村はこんな風にとつくにの方で賑わうのだなとびっくり。
彼らはこの景色や建物を見て、一体どんなことを思ったりするのでしょう。

この建物がなぜこの形なのか、そんなところにこだわって見てくださる方もいるんでしょうか?

夜はライトアップのイベントの日だったそうです。

3時までに駐車場出てください。

この日は3時を過ぎると車がカボチャの馬車になるらしく、係の方から 口酸っぱく何回も同じことを言われました。
ライトアップの夜はすべてのスペースがバス専用の駐車場に変わるとか。

最近は予約しないと駐車もできないという噂は、ここら辺から来ているのかもしれません。

柏崎にも荻ノ島という茅葺き屋根の環状集落があります。
みんな来て!、ここより自然がいっぱいだし温泉もあるの。若い方達が取り組んでる柏崎の良さを体験してほしい。

今年は高柳も小雪ですよおおおおーっと拡声器使って、あえて日本語をゆっくり話すという戦法を使ってお伝えしたくなりました。

帰り道は熱田神宮!
ずっといきたかった、三種の神器があるという宮。

南門からずんずん進みます。

杜の感覚も本宮もめっちゃパワフルでしたよ、ここは外に立っていてもドーム型に大きく、弾力を感じるような途方もないエネルギーがありました。
織田信長や豊臣秀吉、徳川家康が大切に祀ったということに深く納得、震えます。

娘と一緒でなかったら、もっと長い時間、鶏を追って徘徊していたかもしれません。


詳しく語るとこれだけで終わってしまいそうなのでまた詳細はゆっくりと。

心の小路を出口からの本宮の眺め

せっかくだからと、年末年始に巫女のバイトをした娘と一緒にお祓いを受けることに。
するとどうしたことでしょう、
あやつめ、厄年だったことが判明しました。
去年のゴタゴタは前厄か?
前厄なのかこのー!?

最前列にお掛けになっていた名古屋の美容室の皆さんのおかげさまで、御神楽まで堪能できた素晴らしい時間となりました。

待合室もきれいで広々!

お次は名古屋城、


残念なことに改装中でなかに入ることはできませんでしたが、天守閣の麓の本丸御殿の絢爛豪華なこと!

どどどどーん!

娘はお殿様は天守閣にずっと住んでいると思っていたのでかなりびっくりしたようです。

たったひとりの殿様が、
たった一回江戸から上洛するときに、もしかしたら使うんじゃね?と作られたその為だけの部屋。

最近のブームは庭だったりするわけなのですが、昔のお金持ちのスケールの大きさに驚きます。


ファビュラス!ゴージャス!

名古屋城恐るべし!!

そこからあとはもう、
19時の返却に間に合うように飛ばして飛ばしてきましたよ。
450キロくらいあるんですけれどもね、4時間で駆け抜けて来るにはなんてーかやっぱり、普通車よねぇ。。と思う訳です。

帰りは中央道から長野を抜けて帰ってきたわけなのですが、諏訪大社に寄るどころの騒ぎではなく。

カーブや上り坂下り坂けっこうあるので、お時間に余裕を見てお出かけください。

次はyouは何しに名古屋へ?編です。
どうぞお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です