丸山久美子さんのメラ族に参加してきました!

『まるっと会場の空気を掴むMC 丸山久美子さん』!

2人の後ろで光っているのは太陽ではありません。

去年の秋からずっとお会いしたかった方です。
もうあれですよ、ご挨拶をするときに「わ!、本物だ!!」
と声を上げてしまうくらい、動画やラジオで繰り返し聞いて勉強させていただいてました。

実際の丸山さんは、

顔が小さい!
笑顔が可愛い!
声が綺麗!
切り返しの一言が芸人のよう(笑)!

何気ないフレーズも全部聞き逃すまいと耳を澄ませておったのですが、何よりときめいたのは、姿勢のよさとからだの向き、指先も含めた腕全体の使い方(反対側の手も)!

丸山さんが安室奈美恵さんの大ファンで、ライブなどを観て研究しつくしたという立ち位振る舞い。
華奢で繊細で女性らしくて、美しいんですよ。
私は安室奈美恵さんといえば小室ファミリーと呼ばれてた頃か、イモトアヤコの好きなひとというくらいしか知らないんですけど、こんなに素敵に振る舞えるようになるなら、私も一度観てぜひモデリングせねばと思った次第です。

人数確認の為に手をあげたりするときも、こちら側が指示の言葉を気持ちよく受け取れる伝え方ってゆーんですかねぇ。。
短い時間だったのに挙げたらキリがないんですよ。

一番凄いなぁと思ったのは、会場の意図というか根底に流れてるエネルギーが初参加でもきちんとわかること。
参加者が会の流れにのって、『なんのために何をする場所なのか』がきちんと受け取れること。

その上で参加者全員を遊ばせてくれる余裕というか好きに楽しんで、っていう器の大きさ。

自信がないと持てないものだし、どんな大きな会場になっても、むしろこれがしっかり出来てないとこんな風に創造性が広がる空間にはならないんだろうなぁと、知恵熱が出そうになるほど学んで帰ってきました。

そんな丸山さんとの出会いはYouTube。
去年の長岡大学の学園祭で、元仮面ライダーの方を相手にトークショーをするお仕事をいただいたときのこと。

『人生初めてクラスのイケメン、初めてのお仕事、緊張しないわけがない!、助けて、Google先生!!』
と検索したところ、あがってきたのがこの動画だったという。

それからは、ことあるごとに丸山さんの動画やラジオで勉強し、それから念入りに準備して、シュミレーションしてから本番に挑むということを繰り返してきました。

お会いしたことないにも関わらず、今までどれ程助けて頂いてきたかとゆー話ですよ。

メラ族のシステムもね、『メラメラした伝えたくて燃えるような気持ちをアウトプットする』『それを応援する』場なんだけど、コミュニケーションとしては、実は話すことより『聴くこと』の方が大切なんだよという構成になっていて。

オーディエンスあってのスピーカー、

アンケートや採点も、伝えたいだけでは自己満足になってしまうところを、人の価値観もきちんと受け入れて、客観的に自分を見られる体系にしてあるんです。

なんてゆーか、立ち居振る舞いやスキル以前の、人としての在り方を魅せて頂いたような二時間でした。

メラ族の皆様、スピーカー🔥とオーディエンス

こんな風に上手になっていけばいいよという、優しく皆の背中を押したり応援する気持ちを表すやり方って、場やコミュニティーを作ったりいろんな方法があるんだなぁと感じましたて。

▼丸山久美子さんのホームページはこちら▼

NLPマスターでつかみかけたエネルギーの出し方。

自分の中にあるいろんなものをきちんとメラメラさせて、どんなに拙くても表にだして行けるようにならないとなぁ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です